The Appeal of Hormones Part 1

『ホルモンの魅力その1』

※ビタミンとミネラルが豊富な上、ヘルシーで低脂肪

※美しく健康的に美を追求するならホルモンは欠かせません


『 効能 』


※体全体の免疫力を高める
※疲労回復(Honey, lever)
※Anemia prevention(Senmai, Hatsu, Tan)
※ Sexual function improvement(Senmai, Hatsu, Lever)




これからの暑い時期や、女性の方に特におすすめです!!


男女必見、ホルモンの効能について次回もっと詳しく投稿いたします


今回の投稿で1つだけ注意点をあげるとすれば


ホルモンはヘルシー♪('epsilon' )

とは言っても

小腸(ホルモンやヒモ、マルチョウの名前で親しまれる内臓部位)のような甘い脂を楽しむ部位は、ご飯が必須アイテムになってきます

流石に食べ過ぎには注意してください

冬季であればオススメしたいのが『ホルモン×トマトお鍋』



もうすでに試作段階(トマト鍋にホルモンとチーズと麹を入れて最後は麺かご飯で楽しむ)



1度に何度も楽しめ健康と美容に良いお鍋は冬季限定!!





トマトに含まれるリコピンは美肌効果や風邪予防に役立つビタミンC、老化を抑制するビタミンE、塩分の排出を助けるカリウム、腸内環境を整える食物繊維などをバランスよく含んでいます



トマトは熱を入れる事により2~3倍も吸収率が高まり、健康美食材といえます!!




さらに注目されているのがカロテノイドの仲間であるリコピンβ-カロテン.



私達は酸素がなければ生きていけませんが、酸素には細胞酸化させ、老化動脈硬化などの生活習慣病を引き起こす作用があることが分かってきたので、抗酸化作用は強力で、β-カロテンの2倍、ビタミンEの100倍ともいわれています。




リコピンをはじめとするカテロノイドの吸収性は生野菜からは非常に低く、同じ量を摂取したとしても、生のトマトより加工品の方が2~3倍もリコピンを吸収しやすいことが明らかにされています.



トマトは油を使った料理でも比較的熱に強い性質を持っているためリコピンの吸収性は高まります。リコピンを効率的かつ十分にとるには生のトマトだけに頼らずトマトを加工して利用するのが賢い調理と摂取方法といえます。

?Gg[???ubN}[N??